更年期障害とプラセンタ

更年期障害の治療にプラセンタが有効とされる理由は、プラセンタのもつ「内分泌調節作用」が、ホルモンバランスと整えるためといわれています。

サイトトップ > 更年期のホルモン量の推移

スポンサードリンク

更年期障害とプラセンタ

更年期のホルモン量の推移


子供を産み育てていく性として、女性の一生は、「女性ホルモン」の分泌量の変化により、5つに分けることができるといわれています。


・幼年期=女性ホルモンの分泌は徐々に盛んになり、幼年期後半で月経が見られることもあります。

・思春期=10歳前後から20歳前後の第二次性徴が現れ、完成するまでの期間をいい、月経が始まり、生殖器や乳房が発達し、女性らしい体が作られていきます。

・成熟期=第二次性徴が完成し、妊娠、出産、授乳の適応するため、20歳から45歳くらいまでの約25年間は、女性ホルモンの分泌がピークとなります。

・更年期=閉経をはさんだ45歳から55歳くらいの約10年間は、女性ホルモンの分泌が徐々に減少していきます。

・老年期=女性ホルモンの分泌がとまった後の期間になります。


成熟期にピークだった女性ホルモンの分泌は、更年期に卵巣機能の低下とともに徐々に減少し、やがて老年期で止まることとなります。 老年期に入ると、卵巣機能の乱れからくる更年期特有の症状からは開放されます。 言い換えますと、更年期は老年期を迎えるための準備期間と言えます。 その期間を少しでも快適に乗り越えるために、プラセンタの作用が幅広く有効性を示すと考えられています。


老年期には、女性ホルモンの欠乏が長く続くことで、あらたな疾患が発症することもあり、それらの疾患を「老年期障害」と呼ぶこともあります。 プラセンタの各種の作用は、老年期障害の症状の緩和にも効果が期待できるとされています。


更年期障害とプラセンタ

MENU



スポンサードリンク