更年期障害とプラセンタ

更年期障害の治療にプラセンタが有効とされる理由は、プラセンタのもつ「内分泌調節作用」が、ホルモンバランスと整えるためといわれています。

サイトトップ > 更年期障害とプラセンタ トピック

スポンサードリンク

更年期障害とプラセンタ

更年期障害とプラセンタ トピック

更年期のホルモン量の推移

■子供を産み育てていく性として、女性の一生は、「女性ホルモン」の分泌量の変化により、5つに分けることができるといわれています。

更年期のホルモン量の推移

更年期のホルモンバランス

■女性ホルモンの分泌が減少することで起こる、更年期障害を治療する薬としてプラセンタが使われていると聞くと、プラセンタに女性ホルモンが含まれているのではないかと心配

更年期のホルモンバランス

更年期の不定愁訴

■更年期障害の症状にはさまざまなものがあり、どの症状があらわれるかは個人により激しく分かれます。また同じ症状でも、軽い人や重い人など、症状のあらわれかたも人によっ

更年期の不定愁訴

簡略更年期指数

■更年期障害の症状の程度をはかるものに「簡略更年期指数(SMI)」というものがあります。症状の重さや、病院を受診する目安として用いられていますが、自分の症状が更年期

簡略更年期指数

更年期後の病気~1

■更年期の卵巣機能の低下は、不定愁訴と呼ばれる一連の症状だけではなく、その他の疾患の原因にも繋がります。更年期後の疾患の主なものには、「骨粗しょう症」「動脈硬化」

更年期後の病気~1

更年期後の病気~2

■プラセンタは、その「内分泌調整作用」で、女性ホルモンの減少を緩やかにさせるとともに、「活性酸素除去作用」や「創傷回復促進作用」でも、動脈硬化に効果を発揮します。

更年期後の病気~2

メニュー



スポンサードリンク